スタッフとお仕事紹介

スタッフ紹介

Web direction Webディレクター Tomohiro.Y

「組織の根幹を支えている方々とやり取りする中で、業種・業界の知識が身につくこともWebディレクションの醍醐味」

ディレクションGでは、どのようなお仕事をしているのですか

ディレクターの役割は、Webサイトの企画と進行管理です。
お客様のご要望をヒアリングした上で、最適なWebサイトをご提案し、
社内のデザイナー、プログラマー、ライターなどと密に連携しながら制作を進行していきます。
ディレクターはいわば、お客様と制作部署を取り持つ“仲介役”ですね。

最適なWebサイトをご提案するためには、お客様との綿密なコミュニケーションが必要です。
まずは、お客様先への訪問や電話、メールなどでの連絡を通じて、
ご依頼いただいているWebサイトのコンセプト、お客様の事業内容などを共有し、ご要望にお応えできる企画を立案します。
実際に連絡を取り合う方も経営者や事業部長、総務、広報など様々です。
組織の根幹を支えている方々とやり取りする中で、
業種・業界の知識が身につくこともWebディレクションの醍醐味だといえるでしょう。

ちなみに、私はディレクションGの朝礼で「今日のわくわくクイズ」というコーナーを担当しているのですが、
デザインレイアウトの良し悪し、最近のFacebookの動向などを題材に、
ディレクション以外の分野にも目を向けたクイズを出題することで、
Webサイト制作に必要な知識全般をディレクター全員で共有できるよう心がけています。

印象的なエピソードを教えてください

以前、ある教室のWebサイトを担当した際、
システムの不具合でお客様にご迷惑をおかけしたことがあったのですが、
そうした中でも“お客様の立場に立った対応”を常に心がけたことでご信頼をいただき、
その結果、飲食店を経営されているご家族様をご紹介いただけたのが印象に残っています。

もちろん、その飲食店のWebサイトの制作も私が担当いたしました。
ディレクションの際は紆余曲折もありましたが、お客様から「とってもスムーズに進行できて安心した」といわれた際、
とても嬉しかったことをよく覚えています。
また、お客様に来店されるお客様への情報発信を定期的に行っていただいたこともあって、制作後のWebサイトの運用も順調とのことです。

Webサイト制作においては、人と人とのつながりが一番大切です。
制作を通じてお客様からの信頼を積み重ねながら、お仕事を続けていけることが、私のモチベーションになっています。

今後の目標について教えてください

Webサイトの企画だけでなく、その進行管理もディレクターの重要な仕事です。
そのため、もっと段取りよくスムーズに進行できるようになりたいですね。
いつも先輩や同僚に協力していただいていますが、私の得意分野では皆を引っ張っていきたいとも考えています。

また、プライベートの目標としては、趣味の野球やジョギング以外に、
年齢を重ねても楽しめるような“インドアの趣味”を見つけたいと思っています。
例えば、楽器を演奏できるようになれたらいいなと…。
あと、仕事がもう少し落ち着いたら、両親と一緒に過ごす時間を多く取り、少しずつでも恩返ししていきたいと考えています。

就活をしている学生に向けて、ひとこと!

私も就職活動には苦戦しました…。
希望の会社へ就職できたとしても、その過程で自分を偽っていたら、理想的な社会人生活は送れないでしょう。

まずは、自分らしさについて深く考え、自分らしさを発揮できそうな会社を見つけて、そこでステップアップしていくことをお勧めします。

ステージグループは、ルーティンワークを好まず、変化を楽しみたい人にとって最適な環境です。
個々の裁量に応じて若手メンバーにもどんどん仕事を任せてくれるほか、
新しいことに挑戦させてもらえる場面が多くあります。
まずは、会社説明会で弊社の雰囲気を感じてみてください。

Schedule of the day <Webディレクターの、ある1日のスケジュール>

08:40
出社後、メールチェック
09:30
進捗の確認
10:00
朝礼
10:15
お客様対応、制作の進行
13:00
ランチ
14:00
メールチェック、制作の進行
15:00
アポイントに向けた資料の作成
17:00
お客様先へ訪問、打ち合わせ
18:30
帰社後、制作の進行
20:00
業務終了!

社員紹介一覧へもどる